ブランド品の保管状況を良くしておく

保存状態がよいブランド品は高く買い取ってもらえる

不要になったブランド品を買取に出して、お小遣い稼ぎを考えているなら、普段から適切な保管をすることが高額買取に繋がります。同じブランド品でも新品同然のものと、傷や汚れだらけのものどちらに需要があるのかは言うまでもありませんよね。需要がある商品というのはより高額で取引されるのです。
革製のブランド品なら、日差しが当たるところに置くのは避けましょう。日に焼けて革が変色してしまうからです。時計は汗や垢がベルトやケースの裏にたまっていくので、定期的にクリーニングをしてあげるのがいいです。毛皮製品はデリケートです。虫食いを避けるためにシーズン外は防虫剤を入れて保管しましょう。ただし、複数の防虫剤を一緒に使用すると、溶けて衣類にシミを作る原因になることがあるので注意が必要です。

付属品の有無も買取価格に関係してくる

商品本体の状態はもちろん重要ですが、それに付属する品々の有無も買取価格に影響します。付属品というのは、化粧箱、ギャランティカードなどブランド品を購入してきたときについてきた品々です。ブランド品を購入したときは、商品本体に気を取られて付属品にはなかなか注意が向かないでしょう。そのため、購入早々に付属品を処分してしまう人もいます。しかし、買取に出すときは付属品があってこそ完全な商品と認められます。付属品が一つでも欠けていれば、それだけで査定ダウンにつながってしまうのです。特にギャランティカードはブランド品が本物であることを示す大切な品です。これがないと大幅な査定ダウンは避けられないでしょう。後々、買取に出すことを考えているのなら、こうした付属品も捨てずに保管しておくことをおすすめします。