箱や証明書などは保管しておく

購入したときの付属品はとっておく

ブランド品を将来的に売却することを前提に使う場合には、一円でも高く売るためにも箱や証明書などは必ず保管しておくようにしましょう。例えばブランドバッグの場合には、付属していた札や品質の証明書や保証書などを保管しておくことで価値を保つことが出来ます。ジュエリーやアクセサリー類についても、宝石の鑑定書やケースなどを一緒にとっておくことでその品物の品質をそれらで証明することが可能ですので、査定に出したときにも高額査定をしてくれることに繋がっていきます。箱やケースなどはいらないと思われがちですが、売却を前提とする場合には保管しておくことが大切ですので、ブランド品と同様に大事にとっておくことにしましょう。

付属品を一緒に出した場合には査定額も高い

ブランド買取のスタッフというのはブランド品の査定のスペシャリストですので、どの商品にどんな付属品があるのかなどを熟知しています。売却時に付属品が全て揃っていることで、プラス査定をしてくれますので、付属品があった場合にも出来る限り綺麗な状態で保管しておくことが大切です。もちろん付属品がなかった場合でも売却は可能ですが、全て揃っていないとみなされることになりますから、マイナス査定がついてしまったり、場合によっては大幅な査定額の減少にもつながります。箱やケースに証明書などの付属品はブランドの製品の一部と捉えておくことで、ブランド買取の際の査定額にも満足できますから、売却時には必ず購入時に一緒にあったものも出しましょう。